読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々と

スマホゲーム

スマホを所持することとスマホゲームをすることは切り離せないと思ってる。

大学1年の頃からスマホゲームを所持し、スマホゲームとは大学3年のころからの付き合いである。

なぜ大学3年のころかというと、初期スマホゲームはパズドラ全盛期で「流行りに乗りたくない」というだけの理由で避けていた。メジャーよりマイナー。ひっそり知られざる良いゲームを楽しもうとしていた。

そこで自分がハマったスマホゲームの話しをしようと思う。

 

・蒼穹のスカイガレオン

3×3のマスにカードを配置してバトルするカードゲーム。コストがあってそのコストに収まるようにカードを選んで配置する。

笑えることにすでにサービス終了。10段から排出率0.3%のURという新レアリティの追加からユーザー離れが加速。自分もこの時期からやらなくなった。だってURないとほんっっっっとうに勝てないから。運営の集金煽りについていけずやめた。そしてその1年後にサービス終了。ザマァ

出だしから馬鹿にしたけど初期はほんっとうに楽しかった。4つの国に分かれてバトルするんだけど、自分の最初いた国は最弱でどうやったら勝てるのか考えるのが本当に楽しかった。ユニオンという組織がゲーム内にあって、俺も自分のユニオンを持っててリーダーをやっていた。俺のユニオンは最初小さかったけど気付いたら2番目に強くなり有名になった。この時の俺は実力も名声もあって承認欲求がバンバン満たされてたな。

国単位の戦いだけじゃなくて個人の戦いのトーナメントもあって、第n回トーナメントでは準優勝した。優勝は逃したけどゲームという趣味で、規模は5000人だけど、準優勝とか初めてで凄い嬉しかった。

このトーナメントは最初は運ゲーだけど進むにつれて読み合いになって凄い楽しい。相手が今まで使ってきたデッキやプロフィールの所持カード数からカードプールを予想し次相手が使ってきそうなデッキを予想してそれに勝てるデッキをぶつける。もちろん相手も同じように俺のデッキを予想してカードを選ぶから、「裏の裏を読むか?いや、カード持ってなさそうだし単に裏を読むだけでいいか…」とかいろんなことがグルグル頭の中を巡る。心理戦。

こういう楽しいゲームがあったんだよなぁ…

 

テラバトル

はさみ将棋です。ストーリーよし、音楽よし、絵柄よしの良ゲー。

時間内にキャラを動かして相手をはさんで倒していく。

俺のやってたころは本当に初期だったからオンラインはなくて完全にオフ専ゲームだった。ストーリー第一部を全部クリアして終了。今はあとのストーリーも解放されて、オンラインプレイもあるとか。でもアプリ評価みるとクッソ低いから落ち目なんだろうなぁ…哀しい

 

・白猫プロジェクト

説明無用ですね。社会人になって半年くらいやってた。もうやってない。

 

・ロードオブドラゴン

キャラデザが凄い好きでやってた。

 

・シャドウバース

たまにやってる。A0になってから全然やってないけど。A1と行ったり来たりしてる。

ハースストーンのパクリとか言われてるけどシャドウバースのが可愛いんだからシャドウバースをやるだろjk。

普通に40枚のデッキを組んでカードゲームするなんて小学生以来でワクワクする。でもデッキ考えるの疲れる。「お、このコンボええやん?w」って思って組んでも勝てないからたまにイラッとする。蒼穹のスカイガレオンでもそうだったけど流行りの環境を読むのが苦手なので勝てない。

近いうちにパソコン買い換える予定なのでそしたらパソコンでのみプレイしようかなと。スマホは小さいし目が疲れる

 

 

 

以上

スマホゲーム、やらなくなる日も近いなぁと思う。今シャドウバースしか入ってないし

ゲームに限らずだけど、楽しいものは楽しめるうちに楽しもう。